残された家をどうするか

叔母様が亡くなられ半年立ってからの
片付けでした。

残されたお宅を賃貸にするかどうするか
色々と迷われておられたそうです。

まだ結論は出ていらっしゃらないようですが
とりあえず中を片付けよう、ということで
ご依頼下さいました。

こういう場合、どちらにしてもカーテンは残しておいた方が
いいです。
日が当たって畳やフローリングが焼けてしまうし
何より空き家だというのがすぐにわかってしまう
からです。

長年空き家のままにしていると知らない人に
住み着かれたりする危険性もあるのです。

ですからしばらく空き家状態にされる場合は
カーテンはそのままにしておかれた方が
良いでしょう。

相談料・出張料0円・年間300件の実績・関東エリア遺品整理格安価格を実現。ご家庭の不要品を丸ごと解決!

電話:0120-546-343 または090-5020-4320 営業時間8:00 - 21:00 定休日:年中無休
24時間受付メールでのご相談はこちら
footer__pagetop